03-5411-3555

9:30-18:00
日祝:休診
お電話

オンライン診療

お電話

お電話

予約・相談

予約・相談

03-5411-3555

月曜~土曜
9:30-18:00
日曜 祝日
休診

つながりにくい場合03-5411-3555

ご予約・お問い合わせはこちら
03-5411-3555
  • 月~土 9:30-18:00
  • 日曜・祝日 休診

よくあるご質問 下肢静脈瘤について

質問一覧

Q&A

Q静脈瘤が自然に治ることはないですか?

A稀に静脈瘤に血栓ができて血液の逆流が止まり血管が詰まってしまうことがあります。その後血栓が詰まった血管が小さくなるにつれて静脈瘤が小さくなることがあります。ただしほとんどの静脈瘤は自然に治ることはなく徐々に症状が悪化していきます。

Q静脈瘤をそのままにしておくと命を落とすことはありますか?

A絶対ないとは言えませんが極めて稀です。静脈瘤が深部静脈血栓症を誘発することがあり、その際に血栓が肺や脳に飛んで命に関わることはあり得ます。

Q内服薬で静脈瘤を治すことはできませんか?

A残念ながらありません。痛みやこむら返りを抑える薬を用いることはありますが、静脈瘤を根本的に治す薬はありません。

Q弾性ストッキングは有効ですか?

A医療用の弾性ストッキングは静脈瘤の進行を遅らせたり発症を予防することはできますが、静脈瘤を治すことはできません。治療後に補助療法(圧迫療法)としてしばらくの間は着用が必要です。

Qレーザーや高周波治療に年齢制限はありますか?

A年齢制限は基本的にありません。10歳代から90歳代まで治療が可能です。

Q治療の当日はどのくらいの時間を要しますか?

A手術開始1時間くらい前に来院、術後20分ほどで帰宅になります。オリエンテーションなどの時間も含めて在院時間は2-3時間程度になります。

Q再発の心配はないですか?

Aしっかりと処理した部分の再発の可能性は極めて低いです。ただし、長期間で新たな部分に静脈瘤が発生することはあります。その場合も、早めに受診していただくと簡単な処置でケアできます。

監修医師

院長名 阿保 義久 (あぼ よしひさ)
経歴

1993年 東京大学医学部 卒
1993年 東京大学医学部附属病院第一外科勤務

虎ノ門病院麻酔科勤務
1994年 三楽病院外科勤務
1997年 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務

2000年 北青山Dクリニック開設

所属学会 日本外科学会
日本血管外科学会
日本消化器外科学会
日本脈管学会
日本大腸肛門外科学会
日本抗加齢学会

お気軽にご予約・
お問い合わせください。

月曜~土曜 受付
9:30‐18:00
休診日
日曜・祝日

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-10
AKERA(アケラ) ビル地下1階