エイジングケアドック antiaging

エイジングケアドック

エイジングケア(抗加齢)医療とは、精神的・肉体的にいつまでも健康で若々しくありたいという人類の願望をかなえることを目指した新しい医療分野です。それは予防医学的見地から疾患の発生を未然に防ぐことがまず基本的に実現されていなければなりません。その上で、検査結果が正常であれば良いというだけでは不十分で、実現し得る理想的な健康(オプティマルヘルス)を追求するということにエイジングケア医療は立脚しています。

加齢現象に影響を与える要因として、1)遺伝子、2)環境要因、3)ホルモン変化、4)活性酸素ダメージなどが挙げられます。 これらの加齢現象が個々の方々にどのように発生しているかを評価した上で、その改善に有効な療法として、キレーション療法、サプリメント療法、HGH療法などを準備しています。

エイジングケアドックとは、エイジングケア医療を実践する上で評価しておくべき、患者様の体力年齢・健康年齢・細胞年齢などを測定し、患者様の老化度(加齢度)を客観的に評価するものです。

エイジングケアドックで何がわかるの?

血管年齢、肺年齢、骨年齢、ホルモン年齢、酸化障害度、免疫年齢 を評価します。

1. 血圧脈波検査(CAVI検査) 
全身の血管の硬化度、血管の閉塞度を評価し血管年齢を算出します。

2. 頚動脈超音波検査   
心臓と脳を結ぶ頸動脈の内膜中膜肥厚度を測定し、プラークの有無や血管の老化度を確認します。

3. 呼吸機能検査     
肺活量、呼気力、気道の滑らかさなどを測定し肺年齢を算出します。

4. 骨密度検査      
骨塩量と骨代謝状態を測定し骨年齢を算出します。

5. ホルモン検査     
加齢と共に枯渇する代表的なホルモンである、 成長ホルモン、副腎皮質ホルモン などを測定しホルモン年齢を算出します。

6.フリーラジカル障害度検査    
フリーラジカル(活性酸素)に対する抵抗力及びフリーラジカルダメージ(酸化ダメージ)を測定評価します。

7.免疫機能検査(NK活性)    
血液中の免疫活性を測定します。

検査内容と費用

  • ・血液検査(各種ホルモン量・一般血液検査・各種ビタミン・腫瘍マーカー)
  • ・体内年齢検査( 8-OHdG ))
  • ・血圧脈波検査
  • ・頚動脈超音波検査
  • ・呼吸機能検査
  • ・骨密度検査
  • ・フリーラジカル検査
  • ・免疫機能検査(NK活性)
費用(税別)

¥80,000