椎間板ヘルニアレーザー治療(PLDD)

日帰りで切らずに治す椎間板ヘルニア 日帰りで切らずに治す椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアレーザー治療の特徴

  • 01 短時間の日帰りで
    治療可能
  • 02 メスを使わない
    (切開しない)
  • 03 脳神経外科
    専門医が担当

北青山Dクリニックでは、切開せず短時間で椎間板ヘルニアを治療できるPLDD(レーザー治療)を提供しています。
PLDDとは、非常に細い針を患部まで刺し、その中にファイバーを差し込んでレーザーを照射する治療です。
そのため、周囲の組織に損傷を与えることがほとんどなく、また、局所麻酔を使用するため、持病のある方でも受けることが可能です。
まずは、PLDDで十分な効果が期待できるかどうか、問診・診察・MRI検査等、総合的な見地から適応診断をいたします。

椎間板ヘルニアレーザー治療(PLDD)について

担当医について

担当医
泉 雅文 (いずみ まさふみ)
経歴
  • 東京大学医学部 卒業
  • 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
  • 埼玉医科大学総合医療センター 脳神経外科
  • 関東労災病院 脳神経外科
  • 亀田総合病院 脳神経外科
  • NTT東日本 関東病院 脳神経外科/脳卒中センター

詳しく見る

担当医 泉 雅文 (いずみ まさふみ)