下肢静脈瘤レーザー・高周波(RF)手術当日の流れ flow-elt

下肢静脈瘤レーザー・高周波(RF)手術 当日の流れ

来院

受付

超音波検査しながら血管に印をつけます

超音波検査しながら血管に印をつけてるイメージ画像

手術室に入室し点滴のラインを確保します

麻酔をして血管内にレーザーファイバーを挿入します

麻酔をして血管内にレーザーファイバーを挿入

超音波検査で確認しながらレーザーファイバーが入った静脈の周りに麻酔をします

  • レーザー・高周波を照射します(痛みはまったくありません)。
  • ファイバーを抜去、抜去部に絆創膏を貼って手術は終了です。
  • 治療時間は片脚で10分前後です。

手術台から自分で起き上がって回復室に移動します

20分ほど休憩し必要な処置を受けて弾性ストッキングを着用します

休憩室

次回の予約を確認して帰宅となります

監修医師

院長名 阿保 義久 (あぼ よしひさ)
経歴

1993年 東京大学医学部 卒
1993年 東京大学医学部附属病院第一外科勤務

虎ノ門病院麻酔科勤務
1994年 三楽病院外科勤務
1997年 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務

2000年 北青山Dクリニック開設

所属学会 日本外科学会
日本血管外科学会
日本消化器外科学会
日本脈管学会
日本大腸肛門外科学会
日本抗加齢学会