【動画解説】尊厳あるがん治療 CDC6 RNAi治療(20200926追記あり)news

2020年7月15日開催の院長のオンライン講演会から『尊厳あるがん治療 /CDC6 RNAi治療』(全6話)の内容をご紹介します。
がんは、早期に発見して適切な治療を施せば根治が可能です。しかし、治療開始時に既に進行がんの状態だったり、不幸にも急激に進行するタイプのがんが発症してしまった場合は、治癒させることは極めて難しいのが現実です。そのような根治治療が困難な末期がんの患者様方の強い依頼を受けて、当初、当院では遺伝子治療/CDC6 RNAi療法の提供を開始しました。現在2000件以上の治療実績があり、根治をあきらめた進行がんの方が症状が改善して日常生活を問題なく送られるようになるという成功事例が増えてきています。また、リキッドバイオプシーにより超早期に発見したがんに対する究極の予防治療法としての提供も現在可能です。
まず、第1話では、日本のがん治療の現状と課題、これから期待されるがん治療について触れます。それを背景に、「尊厳あるがん治療」として当院の提供している「CDC6 RNAi治療」の仕組み、具体的な症例、治療実績、展望などをご紹介します。皆様是非ご覧ください。

【北青山Dクリニック院長が動画で解説する尊厳あるがん治療 CDC6 RNAi治療】
第1話 ①日本のがんの現状
第2話 ②これからのがん治療 期待と課題
第3話 ③遺伝子治療とは
第4話 ④尊厳あるがん治療・CDC6 RNAi 治療
相5話 ⑤CDC6 RNAi 治療経過
第6話 ⑥CDC6 RNAi 治療実績・展望