症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例(難治例)】60代女性 潰瘍を伴う重症な静脈瘤の治療 19537

2021.07.01

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 CEAP分類は、下肢静脈瘤の重症度分類の一つ。CEAP6は最も重症で潰瘍が発生しているレベルです。
難治性の潰瘍を伴う静脈瘤の治療を希望して岐阜県から来院されました。
診断結果 潰瘍を伴う重症な静脈瘤
治療内容 両下肢の静脈瘤の治療(2000nmレーザーを用いた血管内レーザー焼灼術および硬化療法)を初診時に実施しました。
術後の経過や現在の様子 治療経過は極めて順調で、術後8か月の状態で潰瘍は消失しました。
術後1年6か月~2年くらいで再度経過観察が必要です。
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 保険適用レーザー 総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。 自費レーザーなど 総額275,000円~385,000円(税込)/片脚。
治療のリスク 血管内照射術後に肉眼的な症状の回復には数か月~1年程度要します。

潰瘍の治療のために手術後の定期的な通院が必要です。

同じ治療科目の他の症例を見る