症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例】60代女性  血管内照射タイプの静脈瘤治療① 15109

2021.08.17

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 両足の下肢静脈瘤、特に左下肢がむくんで痛いとのことで来院されました。
診断結果 両肢の下肢静脈瘤と診断。
治療内容 血管内レーザー治療(2000nmレーザー)を行い、経過は良好。 「楽になった」「躓かなくなった」と手術してよかったと感想を頂きました。
術後の経過や現在の様子 治療後4年経過し、レーザー治療を行った部位は非常に順調に経過しています。 枝の静脈瘤に対して硬化療法を予定しています。 静脈瘤の重症例の方は、術後のフォローアップが非常に重要で、今回のようにアフターケアが必要になる場合があります。 患者さんの自覚症状自体は術前に比べて劇的に改善しており、現在、元来のつらい痛みは消失しているとのことです。
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 保険適用レーザー 総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。 自費レーザーなど 総額275,000円~385,000円(税込)/片脚。
治療のリスク CEAP重症度分類は平均3程度です。
長年治療を受けるか悩んでいるうちに重症化した例が多いです。
静脈瘤が完全に消えるのに、一般的には6か月~1年以上を要します。

同じ治療科目の他の症例を見る