症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例】20代男性  血管内照射タイプの静脈瘤治療 18155

2021.08.30

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 患者さんは有名な美容師で、長時間の立ち仕事のために潰瘍を伴う重症下肢静脈瘤を発症していました。
診断結果 潰瘍を伴う重症下肢静脈瘤と診断しました。
治療内容 血管内レーザー治療(2000nmレーザー)
術後の経過や現在の様子 手術後、仕事を継続しながら、術後1年ほどで潰瘍はほぼ完全に回復しました。 硬化療法などのフォロー含め、通院治療回数は4回でした。
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 保険適用レーザー 総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。 自費レーザーなど 総額275,000円~385,000円(税込)/片脚。
治療のリスク CEAP重症度分類は平均2程度です。 特に術前・術中に不安神経症状が見られることが多くあります。 静脈麻酔を用いて不安や苦痛を感じないように工夫しています。

同じ治療科目の他の症例を見る