症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例】50代女性  血管内照射タイプの静脈瘤治療⑭

2021.08.30

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 下肢静脈瘤で来院されました。
診断結果 陰部静脈瘤と診断しました。
治療内容 血管内レーザー治療(2000nmレーザー)と、硬化療法を行いました。2000nmレーザーはファイバーの太さが最も細いため、陰部静脈瘤のような蛇行が強いタイプの静脈瘤にも対応できます。硬化療法を併用すると、細かい複雑な静脈瘤も同時に処理できます。
術後の経過や現在の様子 弾性ストッキングの着用は1週間程度。特に強い色素沈着は出ませんでした。
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 保険適用レーザー 総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。 自費レーザーなど 総額275,000円~385,000円(税込)/片脚。
治療のリスク CEAP重症度分類は平均2.5程度です。
日常生活で不便を感じることが多い世代です。
運動圧迫療法の励行が必要な場合が多くあります。

同じ治療科目の他の症例を見る