症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例】70代男性  血管内照射タイプの静脈瘤治療 17816

2021.08.30

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 両下肢の蛇行の強い静脈瘤で来院されました。
診断結果 下肢静脈瘤と診断しました。
治療内容 両下肢レーザー治療(2000nmレーザー)を同日に実施しました。 レーザー治療は血管へのアクセスポイントが複数必要で技術を要するものでした。
術後の経過や現在の様子 順調に経過し、1年目の経過観察時には拡張血管が殆ど消失していました。 色素沈着の回復にはあと6-12か月要する見込みです。
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 保険適用レーザー 総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。 自費レーザーなど 総額275,000円~385,000円(税込)/片脚。
治療のリスク CEAP重症度分類は平均4程度です。

びらん、潰瘍を伴う頻度が高いです。

治療後1週間程度は鎮痛剤の内服が必要となります。

同じ治療科目の他の症例を見る