症例・治療事例CASE

椎間板ヘルニア(PLDD)

【PLDD】30代男性 腰椎の椎間板ヘルニア 症例 14524

2021.10.15

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 30代男性、腰椎の椎間板ヘルニアの症例です。学生時代にぎっくり腰に初めてなってから、それから何度か経験したそうです。受診の1か月前に立ち仕事を長時間やった翌日、腰の痛みがひどくなり歩くのもつらいほどになりました。ご本人は痛みで動けず、ご家族が相談にいらっしゃいました。
診断結果 本人の希望としてまずPLDDを試してみて、だめなら手術の方針でと考えているとのこと。ただ一般的な治療の適応状態と異なるため、十分な効果が得られない可能性もそれなりにあると話したうえでPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧)によるヘルニア治療を行うことにしました。

脊椎関連の併存疾患:変形性腰椎症
※椎間板ヘルニアのみではなく、脊椎関連の複数の疾患を併発している方がほとんどです。

PLDDにより症状が改善する見込み(術前の予想):60%
※治療により予想される症状改善度が60-70%程度でも、実際に患者さんが感じる症状改善度は85-100%と良好です。 治療直後に症状の改善が乏しいことがありますが、時間経過とともに改善することが多くあります。
治療内容 PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧)によるヘルニア治療を行いました。

PLDDとは
PLDDの特徴
術後の経過や現在の様子 治療後3日目から楽になり、屋内を歩けるようになりました。正確にいつからよくなるというのは予測が難しいのですが、この時は寝たきりはよくないので出来る限り動くようにアドバイスしました。2週間経つとずいぶん動けるようになり、ご本人もとても喜んでいます。

実際の症状改善度(本人の主観):90%
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 55万円
治療のリスク 下肢・腰部の疼痛やしびれが数日~1か月程度残存する可能性があります。

同じ治療科目の他の症例を見る