症例・治療事例CASE

椎間板ヘルニア(PLDD)

【PLDD】40代男性 変形性頚椎症 頸椎すべり症 症例 21780

2021.10.16

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 40代男性の症例です。当院を受診するまでには、3カ月以上痛みが続いており仕事にも支障があったそうです。
診断結果 変形性頚椎症と診断しました。PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧)によるヘルニア治療が適用となりました。

脊椎関連の併存疾患:変形性頚椎症 頸椎すべり症
※椎間板ヘルニアのみではなく、脊椎関連の複数の疾患を併発している方がほとんどです。

PLDDにより症状が改善する見込み(術前の予想):60%
※治療により予想される症状改善度が60-70%程度でも、実際に患者さんが感じる症状改善度は85-100%と良好です。 治療直後に症状の改善が乏しいことがありますが、時間経過とともに改善することが多くあります。
治療内容 PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧)によるヘルニア治療を行いました。

PLDDとは
PLDDの特徴
術後の経過や現在の様子 治療後のMRI画像を見るとヘルニアははっきりと衰退しています。

実際の症状改善度(本人の主観):95%
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 77万円
治療のリスク 上肢・頸部の疼痛やしびれが数日~1か月程度残存する可能性があります。

同じ治療科目の他の症例を見る