症例・治療事例CASE

再生医療

【再生医療】50代男性 動脈硬化に対する再生医療症例 19219

2021.12.07

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 10年ほど前から高血圧で1年前から治療薬を服用中。激しいいびきも指摘される。家族歴では、父親がペースメーカー埋め込み、脳梗塞の疾患あり。当院循環器内科での診察・検査にて「投薬内容は現状ほぼ最大容量。左室壁軽度肥厚、左室軽度拡大あり。今後も厳格な血圧コントロール要。別途、睡眠時無呼吸の併存の可能性あり。」と診断され、動脈硬化(心血管系障害)に対する再生医療を希望される。

治療方針 8/27 再生医療のカウンセリング。動脈硬化症(または、認知機能障害)を対象とした再生医療が可能。治療の流れの説明、同意書等取得。

11/12 再来院。以下の検査結果から、動脈硬化と診断され再生医療の適応となる。

*IMT(頸動脈の内膜中膜の厚さ):1.1mm以上でプラーク(病的な状態)と診断

*CAVI:数値が大きいほど動脈硬化の程度大

*ABI:1以下の場合は血行障害あり



【IMT/CAVI/ABI】





















11月(脂肪採取時)検査
IMT(頸動脈内膜中膜肥厚度) Max1.2 Mean0.9
Max1.4 Mean1.1
CAVI(動脈の硬さの指標) 5.6 5.6
ABI(下肢動脈の狭窄・閉塞の評価指標) 1.11 1.14


治療経過 ① 2019/12/6 ADMSC(自己脂肪由来間葉系幹細胞)初回投与
総投与数 / 1億7000万個
投与法:経静脈的投与(点滴)

② 2019/12/27 ADMSC(自己脂肪由来間葉系幹細胞)2回目投与

総投与数 / 9100万個

投与法:経静脈的投与(点滴)

血圧が低下傾向。治療継続を希望。



③ 2020/1/30 経過観察および検査

検査結果からも、動脈硬化の改善傾向あり。自覚症状としては、「調子が良く、血圧も改善傾向あり。」と


【IMT/CAVI/ABI】





















遺伝子治療2回投与後検査
IMT(頸動脈内膜中膜肥厚度) Max1.1(-0.1) Mean0.9
Max1.1(-0.3) Mean1.1
CAVI(動脈の硬さの指標) 6.7(+1.1) 6.7(+1.1)
ABI(下肢動脈の狭窄・閉塞の評価指標) 1.15(+0.04) 1.16(+0.02)






④ 2020/3/10 ADMSC(自己脂肪由来間葉系幹細胞)3回目投与

総投与数 / 1億600万個

投与法:経静脈的投与(点滴)

幹細胞療法施行後、血圧の状態が非常に良い。収縮期圧が120~130前後、拡張期圧が70~80と今までにない血圧。家内も是非再生医療を継続すべきだと提案しており、自分としても継続したい。



⑤ 2020/6/16 ADMSC(自己脂肪由来間葉系幹細胞)4回目投与

総投与数 / 1億5700万個

投与法:経静脈的投与(点滴)

家族が治療の継続を勧めるが、自分としても再生医療を継続したい。



2020/8/24 経過観察 血圧は安定している。次の再生医療5回目ではトレーニングで痛めた左肘の局所注射も希望される。



⑥ 2020/10/20 ADMSC(自己脂肪由来間葉系幹細胞)5回目投与

総投与数 / 1億3400万個

投与法:経静脈的投与(点滴)、および左肘局所注射

最近体重が増えたからか、拡張期血圧が高めとのこと。



治療後の経過や現在の様子 2か月間 計2回の投与で、動脈硬化の指標(IMT、CAVI、ABI)が改善傾向。ご本人の体感や血圧数値も良好に推移しているため、奥様からも再生医療の継続をすべきと提案もあり、ご自身も治療の継続を希望。 奥様も再生医療を開始。
治療期間 2か月間で2回投与。その後、現在5回目まで継続中。
費用 治療総額:2回投与で150万円(税別)3回目投与は1回50万円(税別)
治療のリスク ・採血時:穿刺部疼痛、皮下出血、神経障害

・脂肪採取時:疼痛、感染、皮下出血、硬結、色素沈着

・培養時:培養遅延、汚染

・投与時:注射部痛、灼熱感、発熱、悪心、呼吸症状(血栓症)

・治療後:症状回復遅延、治療効果不足

※但し、適切な治療を遂行すれば重篤な有害事象が生じるリスクは

一般的な医療行為に比較して極めて低いと言えます。

同じ治療科目の他の症例を見る