症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例】70代女性 フォーム硬化剤の静脈瘤の治療⑲

2021.08.01

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 側枝の静脈瘤で来院されました。
診断結果 側枝の静脈瘤と診断しました。
治療内容 側枝型の静脈瘤は血管内焼灼術の適用にならないことが多いため、ポリドカスクレロールを用いたフォーム硬化療法を2回実施しました。
術後の経過や現在の様子 術後は弾性ストッキングの着用が必要不可欠です。
治療期間 日帰り治療(1日)2回
費用 フォーム硬化剤
治療のリスク CEAP重症度分類は平均4程度です。
温泉に行きたいという理由で治療をする方が目立ちます。
症状の改善に一般的には数か月~1-2年程度は要します。

同じ治療科目の他の症例を見る