症例・治療事例CASE

下肢静脈瘤

【下肢静脈瘤症例】40代男性  血管内照射タイプの静脈瘤治療 23171

2021.08.30

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 他院で弾性ストッキングを処方されて様子を見ていたものの、症状が増悪したのでレーザー治療を希望されました。
高身長で脚の長い方も静脈瘤が好発するケースがあります。
診断結果 下肢静脈瘤と診断しました。
治療内容 血管内レーザー治療(2000nmレーザー)を行いました。 術後6か月目の経過写真では極めて順調な経過です。色素沈着が若干ありますが、術後1-2年で完全に消失する見込みです。
治療期間 日帰り治療(1日)
費用 保険適用レーザー 総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。 自費レーザーなど 総額275,000円~385,000円(税込)/片脚。
治療のリスク CEAP重症度分類は平均2.5程度です。

こむら返り、痒みなどの自覚症状に悩まれているケースが多いです。

治療後の弾性ストッキングによる皮膚炎が目立ちます。

同じ治療科目の他の症例を見る