症例・治療事例CASE

がん遺伝子治療乳がん

【がん遺伝子治療】症例(1)40代女性 乳がん

2021.09.11

治療前

治療前

治療後

治療後
ご相談内容 2010年 当院の検査で左乳がんを指摘。径2㎝未満の早期がんと診断され、外科手術を主とした標準治療目的に乳腺専門医を紹介。ところがご本人、ご主人が標準治療を忌避し、当院の遺伝子治療を受けることを切望。病変は標準治療で根治が期待できることから、改めて外科手術を含む治療を勧めたが、十分な説明と合意のもとで遺伝子治療を選択することになった。
診断結果 左乳腺C領域の径12㎜+6㎜大の乳がん。Invasive ductal carcinoma:乳頭腺管癌疑い。
治療内容 外来での1~2Uの局所注射、カテーテル治療を定期的に実施。 当初の2か月は週に1回、以降治療経過を見ながら治療間隔を延長し現在は6~12か月毎に治療を実施。治療開始後10年を経過した時点で病巣は縮小したまま固定している。
術後の経過や現在の様子 治療中後ともに生活や仕事の制限は全くなし。注射治療の後1-2日は灼熱感と軽度の疼痛はあるも自制内。治療開始後3年以降は病変に変化なし。
治療期間 10年間
費用 治療総額:初期の2か月で240万円。以降現在までの治療費計300万円(税別)。
治療のリスク 大規模な二重盲検試験が実施されておらず未承認治療である。注射部の内出血、軽度疼痛、一過性の発熱(37-38℃)など、軽微な副作用はある。

同じ治療科目の他の症例を見る