03-5411-3555

9:30-18:00
日祝:休診
お電話

オンライン診療

お電話

お電話

予約・相談

予約・相談

03-5411-3555

月曜~土曜
9:30-18:00
日曜 祝日
休診

つながりにくい場合03-5411-3555

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法とは

ホルモンは、脳下垂体、甲状腺、副腎、膵臓、精巣、卵巣など様々な器官で産生・分泌されて血液などの体液を通じて全身をめぐる生理活性物質のことですが、身体がうまく快適に機能するために必要不可欠な物質です。私たちの意志に関係なくホルモンは多彩な役割を果たしている一方で、複雑なメカニズムで制御されているため、それを産生・分泌するシステムがいったん壊れてしまうと、複数の悩ましい症状が発症します。
たとえば、更年期障害は急激な性ホルモンの分泌低下によって引き起こされる病態で、最近では女性のみならず男性にも同様の障害(LOH症候群)が生じることが指摘されてきました。自律神経失調症状や精神神経症状により日常生活が著しく損なわれることもあります。このような性ホルモンの極端な低下による様々な障害対して、エストロゲン、プロゲステロンなどの女性ホルモンや、男性ホルモンであるテストステロンの補充療法により大きな治療効果が期待できることがあります。
また、成長ホルモン(HGH)、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)、メラトニン(松果体ホルモン)など、性別に関わらず加齢と共に枯渇するホルモンも注目されています。これらのホルモン分泌の減少が生理機能低下や精神活動の低下の原因になるからです。例えば成長ホルモンの分泌低下により、コレステロールや糖の代謝が乱れて動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞の発症に繋がることも指摘されています。また、感情の起伏が激しくなる、記憶力が低下する、いらいらする、疲れやすい、やる気ができないなど様々な精神神経症状が表れることも珍しくありません。
これらのホルモンを適切に補充することで、生理機能の改善や精神状態の安定が得られ若々しく生き生きとした人生、健康感を感じられる人生を送っていただくことができるように、私たちは願っています。当院では、ホルモン補充療法として以下の治療法をご案内できます。

【ホルモン充填療法】
① HGH補充療法
② DHEA、メラトニン補充療法
③ テストステロン補充療法

① HGH補充療法

加齢に伴う身体組成の変化をストップ、若い頃の健康な肉体と活力を取り戻す。 "若い頃の体力と美しさをもう一度取り戻すことができたら" 若返りは男性女性、時代を問わず、誰もが夢みることの一つです。それが科学的なアプローチにより実現できる可能性があります。
人間の体は、加齢とともに様々な身体機能が低下します。医学的に加齢による変化を分析しますと、体脂肪が増加し、筋肉をはじめとする多くの蛋白が減少しています。加えて、心臓、腎臓といった体内の臓器の機能が低下していくことがわかっています。『身体の老化』によって身体の構成ボリュームが減少するだけでなく臓器の機能も低下するのです。
米国では、1990年以降、HGHというヒト成長ホルモン(HGH)という物質を体内に投与することにより、加齢によって減少する筋肉や骨のボリュームの再生や臓器の機能回復などさまざまな"体機能の若返り"の効果が得られるという研究結果が多く発表されてきています。

ヒト成長ホルモン(HGH)とは?

脳下垂体から分泌されるホルモンで成長がさかんな青年期に最も多く分泌されます。HGHは心身の健康を維持するために極めて重要で、組織の再生・細胞修復・骨の強度維持・脳機能維持・酵素生成・髪、爪、皮膚の正常化などに有効に機能しています。HGHの分泌量は、60歳に至るまでに若年時に比べて75%も低下してしまいます。
多様な作用をもつ成長ホルモンは、主に肝臓・骨・筋肉・性腺で蛋白合成を促進する作用と、糖代謝・脂質代謝において影響を与える作用があります。特に脂質代謝では、中性脂肪を分解する作用が重要です。
これら、成長ホルモンのもつ作用は、加齢に伴う体組成の変化、すなわち体脂肪の増加と筋肉をはじめとする多くの蛋白の低下にストップをかけると同時に、心臓・腎臓をはじめとした体内の様々な臓器の機能の向上と、免疫機能の保持に重要な影響を与えています。また、成長ホルモンは、精神心理機能にも影響を与え、日常生活において健康感や爽快感を与える働きをもつことも知られています。

北青山DクリニックのHGH補充療法

当クリニックでは、このHGH補充療法を、より有効かつ安全に皆様にご用意するために、全身の健康管理と並行する形でご提案しております。
この治療をお受けになられる皆様は、前提として高血圧、糖尿病、ガンなどの疾患がコントロールされている状態であることが必要です。HGHは、本来、脳下垂体から分泌されるホルモンですので、下垂体部に腫瘍のある方はできません。つまり、HGH補充療法を開始する前、そして療法中も、定期的に脳神経外科的、循環器内科的、消化器内科的、腫瘍外科的に、しっかりと全身チェックをしながら治療を実践していくことが大切です。
当クリニックには、上記の各診療科における専門医がおり、HGH補充療法を施行するにあたって必要とされる健康管理と検査を実施できます。結果、皆様が、安全で効果的なHGH補充療法を受けられる体制をとっております。必要であれば、HGH補充療法の前、あるいは施術中に、健康管理のための人間ドックも受けていただくことができます。

費用

HGH補充療法
薬剤 0.2MMG 26日:¥120,000(税別)
薬剤 0.4MMG 26日:¥240,000(税別)
HGH療法スクリーニング検査
腫瘍マーカー、ホルモン含むフルスクリーニング血液検査  ¥50,000(税別)
IGF、DHEAのみの血液検査 ¥8,000(税別)

治療期間

6か月以上

HGH補充療法により期待できる臨床効果と副作用

【期待できる臨床効果】

  • 筋肉増強、体脂肪減退
  • 皮膚の弾力、きめ、はりの改善
  • 回復力、柔軟性、抵抗力の増加
  • 性機能改善
  • 活力、感情の安定、記憶力の改善
  • 骨量改善
  • 高コレステロール血症の改善
  • 心筋収縮力の改善
  • 肺、腎臓、肝臓、脾臓の機能改善
  • 精神活動の向上

【副作用】

  • 成長ホルモン増加による塩分、体液の貯留 
    →浮腫、関節痛、筋肉痛、体重増加、血圧上昇
  • 手根管症候群
  • 頭痛、耳鳴り

  • ※投与期間が6か月未満であれば副作用は軽微で取るに足らない場合が多いです。上記副作用が発症しても投薬を軽減することにより解消します。



HGH補充療法に関するQ&A

Q治療の手順を教えてください。

A初診の際は詳細な問診により既往歴(過去に患った病気、検診の結果など)や生活習慣の確認を行い、身体計測や血管の老化度のチェックなどを行います。そして血液検査により腫瘍マーカーや各種ホルモンのバランスを総合的にチェックします。場合によってはガンや脳腫瘍のチェックが療法開始前に必要になる場合があります。HGH療法が安全に施行できることを確認の上、適当な投与量を決定します。療法開始にあたっては丁寧なインフォームドコンセントを行い、十分に内容を確認し了解を得た上で実際の療法を開始いたします。

Q効果はどれぐらいで現れますか?

A急激にホルモン動態を変化させるのは体にとって決して好ましいことではありません。すなわち薬剤の投与も少量を頻回に投与する形で体に負担がかからないように行います。このような療法の効果がすぐに発現すると宣伝している医療機関もあるようですが、安全な投薬量で管理する限り急激な変化はあり得ません。すなわち心理的な健康感や身体的な変化は徐々に現れてきます。ただし、自分でははっきり気づかないけれども周りからは最近元気になったとか肌の状態が良いとか若返ったとか言われるようになるはずです。最低6ヶ月は療法を続ける必要があります。1~2年続けると身体的変化もはっきりと現れるようです。

Qどのような人を対象にした療法ですか?

A30歳を過ぎたあたりからHGHの分泌量が指数関数的に減少していきます。ですから、体力の衰えを感じ始めた30代以降の方であれば対象になりえます。 アメリカでは1997年頃よりこの療法が普及し始め、経営者、医者、弁護士などエグゼクティブや代議士、映画俳優、トップモデルの間で広く行われています。特にこの療法を受けている40~50%が医師自身であるという事実がこの療法の高い効果と安全性を裏付けていると言えます。

Q副作用の心配はないのですか?

A適切なやり方でこの療法を受けていれば先ず副作用は発現しません。ただし、管理がしっかりなされないと浮腫、糖代謝異常が引き起こされる可能性があります。また細胞増殖因子であるHGHはガンの増殖を手助けしてしまう可能性が否定できないという見解もあります。ただし、事前に発ガンリスクを評価し体内にガンが存在しないことを確認した上で、定期的に医療機関でしっかりとしたガン検診を続けていれば、安全な若返り薬としてHGHを使い続けることができます。

Q治療をストップしたらリバウンド減少のようなものは起きないのですか?

A治療をやめるとその時点からまた徐々に老化していきます。急に元に戻るようなことはありません。

QHGH療法が保険適用される可能性はありませんか?

AたとえHGH療法が日本で普及期を迎えたとしても、保険診療の対象になることは考えにくいといえます。なぜなら殆ど全ての国民は若返りを望むと考えられるからです。若返りを望まない国民は少ない以上、HGH療法の大衆化は深刻な財源不足を引き起こすことが予想されるからです。保険制度の異なるアメリカではFDA(アメリカ食品医療局)の認定の下HGH療法が行われているようですが、日本では公で導入されるとしてもバイアグラのように自己負担の形を取らざるを得ないと思います。

② DHEA メラトニン補充療法

DHEAとは?

副腎ステロイドのDHEAは加齢とともに直線的に低下するホルモンです。昨今は、老化や長生きの指標としての有用性が報告されており、抗糖尿病、抗肥満、抗動脈硬、抗骨粗鬆症などの有益な作用が報告されています。加齢現象に抗する療法としてのDHEA補充療法は大変期待されています。
DHEA補充療法を経験した方からは、様々な健康面の改善の報告はあるが、今後はわが国独自のデータの集積が必要と思われます。

DHEA補充療法により期待できる臨床効果と副作用

【期待できる臨床効果】
健康感、性欲、骨代謝,糖質代謝,体脂肪,血管内皮機能といった指標にある程度の有用性

  • 健康感の回復
  • 性欲の改善
  • 骨代謝改善
  • 糖質代謝の改善
  • 体脂肪減少
  • 血管内皮機能改善
  • 精神の安定

【副作用】

  • 女性のニキビ、乳房痛 など軽微なものを除き重篤な副作用はありません。

  • ※乳がんや前立腺がんなどのホルモン依存性がん保有者には投与を避けるべきです。



メラトニンとは?

脳内の松果体において生合成されるホルモンです。 網膜から入った外界の光刺激は、体内時計(生物時計・視交叉上核)を経て松果体に達します。 日中のメラトニンの分泌量は低く、夜間に分泌量が十数倍に増加するというはっきりとした日内変動を持っています。
メラトニンは幼児期に分泌量が最も多く、加齢と共に分泌量が減退していきます。加齢により眠りの質や長さが低下するのはメラトニンの分泌低下によるものと言われています。メラトニンの分泌は免疫の保持にも有効であるとされ、その補充により老化による免疫低下の改善が期待できます。

メラトニン補充療法により期待できる臨床効果と副作用

【期待できる臨床効果】

  • 睡眠障害の改善
  • 心的ストレスの減退
  • 骨粗鬆症発症予防

【副作用】

  • 通常の用量では日中傾眠を生じることもなく、特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。
    臨床試験では、頻脈、抑うつ傾向、頭痛などが報告されていますが、いずれも稀です。
  • 数百mgのメラトニンを投与しても、副作用は認められないため、安全性は比較的高くなります。


費用

DHEA メラトニン充填療法
DHEA 25mg 90カプセル 5,000円(税別)
メラトニン 3mg 60カプセル 3,240円(税別))

③ テストステロン補充療法

テストステロンとは?

テストステロンは、男性ホルモンの代表格で、10歳頃から増え始めて20歳前後でピークを迎え、その後加齢とともに緩やかに低下していきます。テストステロンは、骨や筋肉の発達を促し、がっしりとした逞しい身体を作り、脂肪がつくのを抑えるなど男らしい体型を作る働きがあります。加えて、精子を作って性欲を高め、動脈硬化を防ぎ、内臓の働きを助け、皮膚の合成をつかさどるなど、体に対して様々な影響を与えます。さらにテストステロンは脳神経に対しても大きく影響を与えることがわかっています。すなわちテストステロンが減少すると、眠りの質が低下し、記憶力や判断力が衰えます。積極性が低下し、元気がなくなって、うつ症状を呈することにもつながります。

テストステロン補充療法により期待できる臨床効果と副作用

【期待できる臨床効果】

  • 意欲、集中力の改善
  • 記憶力の改善
  • 回復力、柔軟性、抵抗力の増加
  • 性機能改善
  • 動脈硬化の改善
  • 免疫の改善
  • 皮膚の潤いやハリの改善
  • 精神活動の向上

【副作用】

  • 投与量が多い場合は多血症やニキビを生じますが通常は殆ど生じません。

  • ※前立腺肥大や前立腺がんを来すことは投与対象となるLOH症候群の方には少ないですが、血中PSA値を定期的に測定する必要があります。



費用と頻度

テストステロン充填療法
テストステロン 125㎎ 筋肉注射 3,500円(税抜き)   治療頻度例: 1週間に1毎
テストステロン 250㎎ 筋肉注射 6,500円(税抜き)   治療頻度例: 2~4週間毎
テストステロン充填療法スクリーニング検査
テストステロン、遊離テストステロン+高感度PSA 血液検査 ¥10,000(税別)
上記3項目+ DHEA-S、IgF1 血液検査  ¥30,000(税別)
腫瘍マーカー、ホルモン含むフルスクリーニング血液検査  ¥50,000(税別)

お気軽にご予約・
お問い合わせください。

月曜~土曜 受付
9:30‐18:00
休診日
日曜・祝日

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-10
ARK WISE BLDG.(アケラビル)