北青山Dクリニックは、下肢静脈瘤/椎間板ヘルニアのレーザー治療、内視鏡検査、がん遺伝子治療などの医療を提供しています。

電話 050-7301-4555

心血管ドック

home > 心血管ドック

心血管ドック

現代社会において、心血管病はガンと並んで成人の主たる死因のひとつとなっています。 とりわけ「心筋梗塞」、「狭心症」といった、「虚血性心疾患」と呼ばれる病気は、生命を脅かす危険性が高くなります。よって、「虚血性心疾患」は、その予防や早期発見・治療が重要となります。

「虚血性心疾患」の根本的原因は、動脈硬化と呼ばれる現象です。動脈硬化とは、慢性的に動脈壁に様々な刺激(血圧、喫煙、高コレステロール血症など)が加わることにより、動脈壁が反応性に肥厚し、結果として動脈の内腔が狭くなることをいいます。この現象は冠動脈のみでなく、脳、眼、腎臓など全身に分布する動脈に共通して存在します。 動脈硬化になる原因としては、たばこ、高血圧、肥満、高コレステロール血症、高尿酸血症などが挙げられます。

検査内容と費用

検査項目
  • 身体計測(身長・体重・体脂肪率)
  • 尿一般検査
  • 血圧測定
  • 血液一般検査
  • 胸部X線検査
  • 安静時心電図検査
  • 心エコー検査
  • 頚動脈エコー検査
  • フリーラジカル分析
オプション項目
  • 24時間心電図検査
  • 運動負荷心電図検査
  • ※医師による問診、身体計測、血圧測定、血液尿検査、胸部X線検査などで、現在抱えている動脈硬化のリスクファクターを評価します。
  • ※動脈硬化は全身の動脈に共通して認められる現象です。頚動脈エコー検査で頚動脈の動脈硬化の程度を評価することにより、冠動脈や脳動脈などの機能的に重要な血管の動脈硬化の程度も推測することが可能となります。
  • ※最先端のフリーラジカル分析機器「FRAS4」を使用して、人間の体内における活性酵素やフリーラジカルの分析測定を行います。これにより、活性酵素・フリーラジカルによる体の損傷の程度や、体内にある活性酵素・フリーラジカルを消去する力の測定を短時間で正確に行うことができます。
  • ※病気にかかる前に,細胞の老化や損傷の程度を チェックし、食事内容や生活習慣を見直すためのモニターをして、反対に、体調を崩してしまった場合でも,快癒に向けて体内の状態をモニターするのに非常に有効です。フリーラジカル検査についてのさらに詳しい説明はこちら
  • ※安静時心電図検査、心エコー検査により、既に虚血性心疾患に罹患しているかどうかを医師の問診結果とあわせて、総合的にスクリーニングします。これらの検査により、虚血性心疾患だけでなく、心臓弁膜症や心筋症など他の心臓疾患のスクリーニングもあわせて行うことが出来ます。
  • ※虚血性心疾患の疑いがある場合には、運動負荷心電図、24時間心電図検査などによりさらに精査します(オプション)。
実施日 金曜日 15:00~18:00
費用 ¥50,000(税別)
オプション ホルター心電図・運動負荷心電図

北青山Dクリニックの人間ドック提携・紹介先医療機関

北青山Dクリニックでは、患者様を以下のような病院へご紹介しております。他、ご希望の病院があれば、お知らせください。

  • 東京大学医学部附属病院
  • 慶応義塾大学附属病院
  • 東京都教職員互助会三楽病院
  • 日赤医療センター
  • 虎ノ門病院
  • 榊原記念病院
  • 国立ガンセンター
  • NTT東日本関東病院

虚血性心疾患とは?

心臓は自律的に収縮、拡張を繰り返す筋肉(心筋)からできており、それにより心臓は血液を全身に送るポンプの働きを担うことが可能となります。心筋も生きている組織なので、自分自身を栄養するため常に酸素化された血液を供給されつづけなければ、十分なポンプ機能を果たすことができません。

そこで人間には心筋を養うための特別な血管(冠状動脈)が心臓の外壁にそって存在します。この冠状動脈の内腔が動脈硬化により狭くなるとそこを流れて心筋に供給される血流量も当然減少し、心筋が慢性的な血流不足の状態に陥ります。このような状態のもと、運動や入浴などでさらに心臓に負荷をかけると心筋は極度の血流不足となり、それが胸痛という症状であらわれます。これが狭心症です。

また動脈硬化による冠状動脈の内腔の狭小化がさらに進行し完全に冠動脈が閉塞すると心筋を栄養する血流が完全に途絶し、その領域の心筋は壊死します。これが心筋梗塞です。心筋梗塞はその発症と同時に致死的な不整脈を生じたり、心臓壁が破裂したり、また心臓のポンプとしての機能が急激に低下してしまったりすることで突然死を引き起こす可能性があります。また運良く突然死を免れたとしても、心筋梗塞によって一旦死んでしまった心筋が再び生き返ることはなく、その後様々な後遺症を患うこととなります。