北青山Dクリニックは、下肢静脈瘤/椎間板ヘルニアのレーザー治療、内視鏡検査、がん遺伝子治療など最先端医療を提供しています。

電話 050-7301-4555

医師紹介

home > 医師紹介

医師紹介

担当医勤務表はこちら

阿保義久 Yoshihisa Abo院長

  • 東京大学医学部 卒業(1993年)
  • 東京大学医学部 第一外科(1993年)
  • 虎ノ門病院 麻酔科(1993年)
  • 東京都教職員互助会三楽病院 外科(1994年)
  • 東京大学医学部 血管外科・腫瘍外科(1997年)
  • 北青山Dクリニック 院長(2000年)
  • 医療法人 DAP 理事長(2004年)
  • 東京大学医学部 腫瘍外科・血管外科 非常勤講師(2010年)
  • 所属学会:
  • 日本外科学会、日本血管外科学会、日本消化器外科学会、日本脈管学会、
  • 日本大腸肛門外科学会、日本抗加齢学会

1965年青森県大鰐町に生まれる。両親と3人家族であったが、いつも朝から夕まで外で遊ぶ腕白な子供だった。小学生の時から根っからのスポーツマン。小学4年生で本格的にバスケットボールを始め、小学中学時代は県内無敗のチームのキャプテンとして君臨した。高校2年生以降は国体選手として選出されるほどバスケットに打ち込み勉学一筋だったというわけではない。ただし数学・物理・英語は得意科目だった。スポーツで培った体力・集中力で受験を乗り越え、高卒後は早稲田大学理工学部に進学。早稲田在籍中に今まで真剣に考えてこなかった生涯の職業について深く考察する時間を得る。スポーツにふけっていた時期には考えもしなかった医師を生涯の職業として選択することを決意。東京大学理科3類(医学部医学科進学課程)に再入学する。幼少時代に自らを寵愛してくれた祖母が胃ガンで他界したことで、命の尊さ、医療の重要性を自覚していたことを、改めて思い出していた時期でもあった。

医学部卒業後、外科医となることを選択したのは、外科的な治療行為(手術)に個人の技量が大きく反映されることと、サイエンスとアートの両者が外科医として必要なところ-つまり、豊かな人間性と鋭い感性、高度な科学と技術が求められること- に魅力を感じたから。東大医学部附属病院第一外科での研修中は外科医としての基礎を徹底的に叩き込まれた。研修2週目から重症急性膵炎の患者を受け持つこととなり1ヶ月間救急チームと共に病院に泊り込んだことが良い思い出となっている。研修医の時期に執刀し得る殆ど全ての外科手術を数多くこの初期の1年で経験させてもらった。その後虎ノ門病院で麻酔科として200例以上のメジャー手術の麻酔を担当する。手術を順調に完遂するために極めて重要な麻酔技術を習得したのと同時に、自らが専門とする外科医の立場を客観的に確認することができた。その後、三楽病院で胃ガン、大腸ガン、乳ガン、肝臓ガン、食道ガン、膵臓ガン、腹部大動脈瘤など消化器外科・血管外科領域のメジャー手術を担当。当病院に勤務した3年間で消化器・血管外科医として必要な手術全てを豊富に経験した。その後、東京大学医学部第一外科(腫瘍外科・血管外科)に戻り、大学病院の臨床・研究スタッフとして機能、後輩達の指導も担当する。週3日間は救急病院に当直し関東近郊の地域医療・救急医療にも従事する。豊富な当直勤務経験のおかげでプライマリケアの技量を十二分に習得できたと自負している。

また、臨床以外にも研究の重要性を自覚していたその頃、実の父親が肺ガンの診断を受けたことを地元青森の担当医から知らされる。自らが父親の手術治療を担当することを決意するが、再検査にて手術の適用のない末期ガンであることが判明。医師としてではなく息子としてこの上ない無力感にさいなまれる。父親の他界後、大きく身の振る舞いを変えざるを得ない状況となり、大学病院を離れ、開業医として独立することを選択した。独立するからには、最良の医療サービスを提供しうる理想の医療機関を作り上げることを決意。

2000年北青山Dクリニックを設立。外科医としてのスキルを生かして日帰り手術を提供するだけでなく、病気を作らない予防医療、治癒が可能な段階で早期発見するための人間ドックの提供、生活の質を高めるための坑加齢医療・アンチエイジング療法まで、質の高い医療サービスの提供に励んでいる。現在、下肢静脈瘤や鼠径ヘルニアを中心に年間 200 例以上の日帰り手術を安全に行っており、精度の高い人間ドック、病気の発生を未然に防ぐ予防医療・抗加齢医療などを積極的に提供、精力的に理想とする医療環境の構築に励んでいる。2004年2月医療法人DAPを設立。

泉 雅文 Masafumi Izumi 脳外科

  • 東京大学医学部 卒業
  • 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
  • 埼玉医科大学総合医療センター 脳神経外科
  • 関東労災病院 脳神経外科
  • 亀田総合病院 脳神経外科
  • NTT東日本 関東病院 脳神経外科/脳卒中センター

脳や神経に関わる症状は非常に多彩です。そのためか偏った情報によって無用に不安を煽られ徒に大病院を受診する方が本当に沢山いらっしゃいます。しかし、名の通った大病院であれば大丈夫であろうという一般の方の予想は多くの場合必ずしも正しいとは言えません。脳神経外科では脳・脊髄・末梢神経に関わる疾患を取り扱いその治療を行いますが、その実、頭蓋内疾患の殆どは脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)です。しかし、脳卒中は脳の疾患でなく、本態は血管の病気であり生活習慣病なのです。脳卒中になってしまったら大病院を受診するしかないでしょう。しかし、最も重要なのは現状の正確な把握と適切な予防です。そしてそうしたことは皆さんと密接に関わりを持てる当クリニックのような医療機関の方が有利であることを多くの方がご存知ありません。私は皆さんが大病院に期待する高いレベルの医療をクリニックレベルで実現するために診療を引き受けました。是非、脳の病気に煩わされない生活のお手伝いをさせて頂ければと思っています。また、その他の脳や神経に関わる症状や、脳腫瘍なのでは?といったご相談、脳神経外科の最新の治療法(手術、血管内治療、化学療法、放射線治療(ガンマナイフなど))やその適否などの情報についても積極的に提供していきたいと思っています。

辛正広 Masahiro Shin 脳外科

  • 東京大学医学部 卒業
  • 東京警察病院 脳神経外科
  • 亀田総合病院 脳神経外科
  • 東京都立神経病院 脳神経外科
  • 寺岡記念病院 脳神経外科
  • 東京大学医学部付属病院 ガンマナイフ治療責任者
  • フランス アンリモンドール病院 脳神経外科 留学
  • フランス政府 原子力開発研究所 医学部門 留学
  • 東京都立神経病院
  • 東京大学医学部付属病院 脳神経外科

近年、脳神経医科領域では顕微鏡手術による技術の発達が目覚ましく、様々な疾患で、安全かつ確実な治療が確立されつつあります。しかしながら、依然として脳血管障害や脳腫瘍などは治療が困難であり、手術や治療に際しては患者が著しい負担を強いられる疾患も数多く存在しています。私が医者として脳神経外科を志したのは、最も繊細な手術手技を必要とされる領域のひとつである脳の手術に習熟したいと思ったからです。東京大学脳神経外科にて、コンピューターや神経内視鏡などの新しい技術を応用して、少しでも患者の負担を軽減し、かつ、これまで以上に有効な治療の開発に取り組みました。

池田 祐一 Yuichi Ikeda 循環器内科

  • 東京大学医学部 卒業
  • 東京大学医学部付属病院 内科
  • 公立昭和病院 救急医学科
  • 榊原記念病院 循環器内科
  • 東京大学医学部 循環器内科
  • 東京大学医科学研究所

循環器内科は急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性心不全など緊急を要する重篤な病気から高血圧、不整脈、弁膜症、心筋症など長期にわたる慎重な管理を必要とする病気まで幅広くカバーします。現在、そのような病気に対して、心電図検査(運動負荷心電図、ホルター心電図を含む)、心臓超音波検査、心臓カテーテル検査をはじめ、PTCA(経皮的冠動脈形成術)、カテーテルによる弁形成術、カテーテルによる不整脈治療、永久的ペースメーカー埋め込み手術といった多くの検査、治療があります。心臓超音波検査を中心とする非侵襲的な検査により、心筋梗塞や心不全など生命にかかわる病気を未然に防ぐ医療に従事しています。

志賀 太郎 Tarou Shiga循環器内科

  • 金沢大学医学部医学科 卒業
  • 東京大学大学院 医学系研究科
  • 東京大学医学部付属病院 内科研修
  • 公立昭和病院 内科救急医学科レジデント
  • 榊原記念病院 循環器内科レジデント
  • 東京大学医学部付属病院 循環器内科

近年の日本は、欧米化した食生活、高齢化社会になりつつあり、これらと密接に関わる糖尿病、高血圧、高脂血症など、動脈硬化の原因となる疾患をもつ患者さんが増加しています。我々、循環器内科医の扱う疾患は、高血圧、狭心症、心臓弁膜症、不整脈など非常に多岐にわたりますが、日常診療においては必然的に動脈硬化の方をよく拝見します。動脈硬化は多くが無症状で経過しますが、進行すると心筋梗塞などといった非常に重篤な病態を引き起こす可能性が高く、日頃から高血圧などの動脈硬化原因疾患の管理(禁煙も!)が非常に大事になってきます。循環器内科領域で使用される薬剤の研究は近年著しく進歩し、動脈硬化進展や心筋梗塞などの心血管イベントの発症予防効果などが示された薬剤を多数使用できるようになってきております。当クリニックでは、心電図、心エコー、頚動脈エコーなど、痛みを伴いにくい検査で心血管系の病態評価をし、患者さんと相談しながら、適切なアドバイス、薬剤の選択などを行い、みなさまの健康維持につとめてまいります。はじめての方でも気楽にご相談ください。

藤城 光弘 Mitsuhiro Fujishiro 消化器内科

  • 平成元年3月 愛知県立豊橋南高等学校卒業
  • 平成7年3月 東京大学医学部医学科卒業
  • 平成7年6月 東京大学医学部附属病院 内科
  • 平成8年6月 日立製作所日立総合病院 内科
  • 平成9年6月 国立がんセンター中央病院 消化器内科・内視鏡部
  • 平成12年6月 東京大学医学部附属病院 消化器内科
  • 平成21年4月 東京大学医学部附属病院 光学医療診療部 部長

人に感謝される職業を誇りに思って診療に従事している歯科医の父の志を継ぎながら、身体全体が見られる内科医を選択しました。内科の中でも、腹痛を主訴として来院する患者が最も多いこと、診断から治療まで自分ひとりで携われること、内視鏡検査、治療に特に興味をもったことなどの理由から消化器内科を専攻しました。現在、日本の内視鏡検査・治療は世界レベルにおいて最も進んでいる分野です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の診断・治療はもちろん、消化器癌の早期発見、治療、予防などにおいて大きな力を発揮します。内視鏡検査・治療をはじめ、消化器に関することはなんでもご相談ください。

金澤 孝満 Takamitu Kanazawa 外科

  • 東京大学医学部 卒業
  • 東京大学医学部腫瘍外科 助手
  • 大腸外科外科学会専門医

大腸内視鏡を担当しています。生活の欧米化に伴い、大腸癌は増加しており、理由として動物性脂肪、タンパクの摂取の増加や食物繊維の摂取の低下などが考えられています。これらの環境因子のほかに、大腸癌では遺伝的因子の関与がわかっています。一つの要素で癌化するというわけではないため、現時点で予防することは不可能ですが、大腸癌の場合、ほとんどがポリープ(腺腫)から癌化していくことが知られており、これらを小さいうちに内視鏡的に切除することにより、癌化を防ぐことができると考えられています。下剤を服用した後、軽い鎮静をしたうえで検査を行ないます。ご相談下さい。

山下 裕玄 Hiroharu Yamashita胃食道外科

  • 東京大学医学部卒業
  • 東京大学医学部附属病院 胃食道外科 講師
  • 東京大学大学院医学系研究科 消化管外科学 講師
  • 東京大学医学部附属病院 胃内視鏡、胃外科外来担当

我が国におきましては、年間約12万人の方が胃癌と診断されます。食道癌は約2万人です。患者数の推移を見ますと年々増加しております。また、食道と胃の境界部分(食道胃接合部)に発生する癌が欧米で急速に増加しており注目を集めておりますが、胃癌と比較しますとまだまだ患者数は少ないものの我が国におきましても同様に増加傾向にあります。

最も大切なことは言うまでもなく早期発見です。これらの癌の早期発見を目指して上部消化管内視鏡検査(いわゆる"胃カメラ")を担当させて頂いております。気がついたら検査が終わっている、そういう"苦しくない"胃カメラを目標に、満足度の高い検査を提供できたらと考えております。

平成25年よりヘリコバクター・ピロリの除菌治療が全て保険適応内で行うことが可能となりました。胃癌の発生と強く相関することが知られていますので、感染の有無に注意して検査を行っています。上部消化管のことでしたら何でもご相談下さい。

浅岡良成  Yoshinari Asaoka消化器内科

  • 平成5年3月 広島学院高等学校卒業
  • 平成11年3月 東京大学医学部医学科卒業
  • 平成11年6月 東京大学医学部附属病院 内科
  • 平成12年6月 三井記念病院 内科
  • 平成14年12月 東京大学医学系大学院
  • 平成18年4月 東京大学医学部附属病院 消化器内科医員
  • 平成21年4月 東京大学医学部附属病院 消化器内科助教

内視鏡を担当させていただきます。内視鏡は辛いもの、痛いものと思っておられるかたが多いと思いますが、Dクリニックでは麻酔の薬を適度に使用することで苦痛のない内視鏡が可能です。

胃癌はピロリ菌感染の減少に伴い減少傾向ですが、大腸癌は食生活の欧米化に伴い増加傾向です。これらの癌は早期に発見することで治療可能です。一方で一度も検査をうけたことがないというかたで手遅れの状態でみつかり、やっておけばよかったと悔やまれる方もおられます。胃カメラと大腸カメラを一度もうけたことのないかたはぜひ一度受けていただき、安心していただければと思います。

杉本貴史  Takafumi Sugimoto消化器内科

  • 東京大学医学部医学科卒 東京大学医学部附属病院
  • 内科研修 東京大学医学系大学院
  • 佐々木研究所附属杏雲堂病院 消化器内科科長

胃カメラ、大腸カメラを通して、がんの早期発見に努めます。

生月 弓子 Yumiko Ikezuki 産婦人科

  • 信州大学医学部 卒業
  • 東京大学 大学院 卒業
  • 医学博士 日本産科婦人科学会 認定医
  • 東京大学医学部 産婦人科 入局
  • 東京大学医学部付属病院 産婦人科
  • 東京都立築地産院 産婦人科
  • 帝京大学医学部付属市原病院 産婦人科
  • 社会保険中央総合病院 産婦人科

生命誕生に感動し、女性だからこそ、女性の体や病気について学び、女性の診療にあたりたいと思い、産婦人科の道を選びました。産婦人科の世界も、最近では女性の産婦人科医師も増え、また「女性外来」「女性診療科」「女性外科」と新たな変化が見られます。患者様の診療やコミュニケーション、また自らの妊娠、入院、出産、育児を通しても、産婦人科医、人間として感じること、学ぶことが多い毎日です。

婦人科的に心配なことや、異常がある、正しい知識を知りたいと思っているにもかかわらず、なかなか相談しにくい、恥ずかしい、以前の診療がトラウマなど の理由で、病院に行きにくいと思う女性は少 なくないと思います。当院では、十分な時間を取った予約制、個室での相談、診療が可能です。クリニックからの帰り道に「思い切って受診してよかった。」と思ってくださるような診療を心がけています。

婦人科(子宮、卵巣)癌検診、健康相談、また避妊、低用量ピル、緊急避妊ピル、月経調節、月経困難症、過多月経、月経異常、不正性器出血、月経前症候 群、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科腫瘍、更年期症状、掻痒感、性感染症、不妊、妊娠などの一般産婦人科診療、セカンドオピニオンも行っています。

西堀 由喜子 Yukiko Nishihori  皮膚科

  • 慶應義塾大学医学部 卒業
  • 国立東京第二病院 (現東京医療センター) 皮膚科
  • 日本鋼管病院 皮膚科
  • 済生会中央病院 皮膚科
  • 慶應義塾大学医学部 皮膚科

一般の方が医学書を目にする機会はあまり無いかと思いますが、もし皮膚科学の本をご覧になることがあれば、その疾患の多さに驚かれるかもしれません。実際に私達が日常的に診療するのはいわゆる common disease と呼ばれるこの中の一部ですが、大学病院をはじめとする大規模病院では患者数も多い上に診断や治療に苦慮する疾患、希な疾患などに重点が置かれる傾向があり、これらの患者さんの診療に多くの時間が割けない事がしばしばです。私自身も勤務医としてこの問題に悩まされてきましたが、当クリニックでは患者さん一人一人に十分な時間をもって診療することが出来るのが大きな魅力です。患者さんの望まれる医療を提供出来るよう、努めていきたいと考えております。

福永 麻紀 Maki Fukunaga 皮膚科

  • 慶應義塾大学医学部 卒業
  • 慶應義塾大学医学部 皮膚科学教室入局
  • 浦和市立病院 皮膚科
  • 練馬総合病院 皮膚科

一般皮膚科や、アンチエイジングに関わるご相談を担当しております。治療方法が日々進歩し、情報があふれる中で、 どの治療が自分に合っているのか、判断に迷われることも多いと思います。患者様お一人お一人のおかれた状況や ご要望をなるべくじっくりお伺いし、わかりやすい説明ができるよう努めております。皮膚のお悩みが解決することで、 患者様の心身の健康が向上するお手伝いができれば幸いです。どうぞお気軽にご相談下さい。

増子 貴宣 Takanobu Mashiko 形成外科・美容外科

  • 東京大学医学部 卒業
  • 東京都教職員互助会三楽病院 内科・外科・麻酔科・皮膚科
  • 東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科
  • 埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科
  • 東京警察病院 形成外科・美容外科

より良い美容医療の提供を通じて、社会貢献していきたいと考えています。

福澤 見菜子  Minako Fukusawa形成外科

  • 慶応義塾大学医学部卒業
  • 国家公務員共済組合連合会立川病院 
  • 内科・外科・救急部
  • 慶應義塾大学病院 
  • 産婦人科・小児科・精神科・麻酔科・皮膚科・形成外科
  • 東京大学医学部附属病院 
  • 形成外科・美容外科
  • 都立墨東病院 形成外科

世界一の長寿国となった日本では、いかにして生活の質をあげるかに関心が集まるようになりました。形成外科は先天奇形から悪性腫瘍で失った器官の再建に至るまで、外見や機能を高めることで残された人生をよりよいものにする診療科で、医師の立場からみると自分のした仕事が"目に見える形で一生その患者様と共に生き続ける"という点で非常にシビアだがこの上なくやりがいのある世界です。私は当院で主に美容皮膚診療を通し、皆様のお力になりたいと思っております。美容医療はもはや限られた一部の方々のものではなく、老若男女あらゆる方が対象となる時代です。私自身も医師であると同時に患者でもあり、最小限の負担で最大限の効果を得る治療法を常に追求しています。 何でもお気軽におたずね下さい。心よりお待ち申し上げております。