北青山Dクリニックは、下肢静脈瘤/椎間板ヘルニアのレーザー治療、内視鏡検査、がん遺伝子治療など最先端医療を提供しています。

電話 050-7301-4555

内外痔核

home > 内外痔核

内外痔核

内外痔核とは

痔とは、肛門の奥(直腸との境)に生じた静脈のかたまりをいいます。痔には、内痔核(いぼ痔)・外痔核(外側のいぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔ろう(穴痔)などの種類があります。最も多い症状は、内痔核(いぼ痔)であり、内痔核は痔の状態に応じて、第1度(飛び出さない)・第2度(いきみで飛び出すが、自然に戻る)・第3度(いきみで飛び出し、指で戻さないと戻らない)・第4度(常に飛び出しており戻せない)などに分類されます。

内外痔核は、内痔核に肛門周囲の静脈が加わったものをいいます。

痔の原因

便秘の習慣や硬い便、刺激物の摂取、不規則な生活などです。また、痔があるために便秘を引き起こし、それが原因で痔が悪化してしまうといった悪循環に陥ることもあります。

北青山Dクリニックでの、内外痔核の日帰り手術

内外痔核は、程度が軽い場合の治療法として、軟膏や坐薬の薬物療法や硬化療法とよばれる注射療法があります。しかし、痔のサイズが大きく症状が重い、薬に対する反応が悪いといった場合は、日帰り手術をご提供しております。

当クリニックでは、通常、大きい痔核に対しては薬物療法を行い、症状をある程度緩和してから日帰り手術を行っております。術後は、消毒の為に、数回通院していただく必要があります。

手術後からは基本的には日常生活が可能ですが、長時間いすに座ることは良くありませんので、仕事の量などについてはコントロールすることをおすすめしております。通常は、2~3日休んでいただくとスムースに日常生活に復帰できるでしょう。

術後の管理としては、最初の3~7日程度は鎮痛剤を飲んでいただく、消毒を行う、便秘を避ける食生活を心がける、などが挙げられます。

費用

手術総費用が10万円程度ですから、健康保険を用いて自己負担額は3万円以内です。